少額短期保険に関係する法律

保険業法の一部改正に伴い、同法の適用対象外とされていた無認可共済の一部が少額短期保険業者とされました。
業務内容から、独占禁止法から除かれていましたが、新たに公正取引委員会規則が制定されました。
少額短期保険とは保険期間が2年以内の政令で定める期間以内で、保険金額が1000万円を超えない範囲内の政令で定める金額以下の保険をいいます。
現行規制では平成17年当時、共済事業を行っていた業者が引受可能な上限金額については平成25年3月までの経過措置として、本則の5倍とする特例が認められていました。
見直し案では既契約者に関しては従来通りの5倍、新規契約者に関しては3倍として経過措置を5年、つまり平成30年3月まで延長するとしています。

クレジットカード現金化優良店

最新記事

  • 少額短期保険は、生損保分野の保障が可能となる保険商品です。
    家財分野は、損保に匹敵する大きなシ …

    続きはコチラ…

  • 祭壇や会館の使用料などといった葬儀一式、葬儀に来てくれた人の飲食などといった費用、宗教者への謝礼とい …

    続きはコチラ…

  • 生命保険、損害保険に続いて第三の保険といわれているものが、少額短期保険です。
    2006年4月の …

    続きはコチラ…